現金化の歴史と今|融資に頼らなくてもOK!現金化で簡単に現金を入手しよう!

融資に頼らなくてもOK!現金化で簡単に現金を入手しよう!

現金化の歴史と今

数枚の千円札

クレジットカードの誕生したのは1950年代とされていますが、近年話題のカードの現金化は実際にはどの年代から行われるようになったのか知っているでしょうか。業者が現金化サービスを提供し始めたのは大体1980年代と言われており、その後にインターネットショップでも取り引きが行われるようになったようです。最近では、新幹線の回数券やブランド品といった商品の他、amazonギフト券の買取による現金化も増えてきています。特に、amazonギフト券については1つ1つに専用のコードが付いているのですが、これはインターネット上での受け渡しもできますので、すぐにでも現金化をさせたいと考える人達に人気の高い方法となっています。

収入や職業を問わず、カードのショッピング枠の残高が残っていれば利用できるクレジットカードの現金化は、可能な限り換金率が高い業者に申し込むのが得策です。例えば10万円を現金化するにしても、換金率が7パーセント違えば手元に入金される金額が7,000円も変わってしまいます。また、現金化の申し込みを受け付ける業者では、主に即日振り込みと数日待ってからの振り込みの2パターンを用意しているケースが多いです。特に数日経ってからの入金は、即日よりも少しだけ換金率が高く設定されているのが特徴となっています。急ぎで現金を準備しなければならない時には即日入金がとても便利ですが、手元に現金がくるまで余裕があるのなら、時間をおいて振り込んでもらった方がわずかながらお得だと言えます。

融資に頼らなくてもOK!現金化で簡単に現金を入手しよう!

↑ PAGE TOP